藤木ゆうさく「ダメージ感じるんでしたよね?」