冨樫「それやっちゃうとですね、漫画家として終わり」