夜遅くに兄の婚約者が訪ねてきた。家に上げたら彼女はコタツで泣きながら何かぶつふつ物騒な悪態ついてた